special

ディレクターズファイル

超イチャラブの中で変化していく女の子

第11回 | 2018/3/14

エッチシーンのこだわり(2)


こんにちは、『約束の夏、まほろばの夢』ディレクターの天野スズメです。

ディレクターズ・ファイルは今回で第十一回目です!

いつも読んでくださってる方々、ここまでお付き合いいただき、

本当にありがとうございます。

最後まで頑張っていきたいと思いますので、

よろしくお願いします!

というわけで、今回のテーマは、

エッチシーンのこだわり パート2!!

張り切ってやっていきたいと思います!

前回の復習…超イチャラブシーン


キャラゲー、萌えゲーと呼ばれるようなゲームのエッチシーンは、

超イチャラブシーンだ――!

少なくとも、夏まほはそう行く!

というのが前回のお話でした。

また、イチャラブは好き合った男女が、

お互いの好意を確認し合うコミュニケーション

ということもお話しました。

つまり、(超)イチャラブはコミュニケーション!

だからこそ、エッチシーンは導入がすごく大切だと思うのです!



エッチシーンは導入が要


たとえば、エッチをするときの導入にしても、

エッチが始まる前から、恋人である2人が、

「あれ? ちょっといい雰囲気だな……?」

「今なら、触りたいって言えば、許してもらえるかも?」

「大好きな人に触りたい、触られたい――」

というような気持ちを、

直接言葉にはしないままやり取りします。

本当にしたいこと(エッチ)をこっそり隠しながら、

お互いの気持ちを確認し合うようなやり取り……

それは恋人だからこそ許されるコミュニケーションだと思います!

恋人同士がいつもそんな初々しいやり取りをしながら、

言外のコミュニケーションで合意を取り付けて、

いそいそとエッチを始めようとしているのだとしたら……

ドキドキしてこないでしょうか!?

夏まほは、そんなドキドキするエッチシーンの導入を用意しています!



エッチにだって個性はある!!


他にも、夏まほのエッチシーンは

エッチの「個性」を大切にしています!

人によって、エッチなことに対するスタンスは様々です。

むっつりな子もいれば、性にまったく関心のない子、

献身的な子もいれば、自由気ままな子もいます。

そんな彼女たちのエッチに対する個性と、

そこから恋人との超イチャラブによって少しだけ変わっていく

その「変化」に注目してください。


むっつりな子が、

エッチに興味があるのを隠さなくていいんだ

と知ったとき。

性に興味のなかった子が、

エッチの気持ちよさ

を知ったとき。

自由気ままな子が、

恋人を気持ちよくする楽しさ

に目覚めたとき。

そんな、楽しい「変化」のある超イチャラブシーン

ユーザーのみなさんも一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです!

次回予告


さてそんなわけで、ディレクターズ・ファイル第十一回は、

エッチシーンのこだわり パート2…

超イチャラブの中で変化していく女の子――!

でした。

次回、最終回のコラム内容は……

ごめんなさい、未定です!

ストックしていたネタが切れました!!

なにか面白い記事を考えておきます!!

そんな次回の更新は…来週水曜は祝日なので、

一日送りまして3月22日(木)を予定しております。

それでは、今回はこのへんで。

また来週お会いしましょー!