special

ポケット・ストーリー

『約束の夏、まほろばの夢』 渚沙ルート 6-2

第六話『大好きなカレと、初恋のヒト』 (2)




    朝食も終わり、補習のためみんなでずらずらと通学路を歩く。

    そう、なんと我が校、今日も補習なのである。


りんか 「いい天気だね~」


涼太  「って、なんでりんかがいるんだ? 俺たち、学園に行くんだぞ?」


    なぜかりんかは俺たちの後をついてきていた。


りんか 「だって一人でつまんないんだもん。だからせめて学園まで送ろうと思って」


りんか 「なんで夏休みなのにみんな学園行っちゃうかなぁ」


星里奈 「その想い、ぜひ学園に来て先生方に訴えてほしい」


りんか 「そう? じゃあ突撃しちゃおうか? 突撃! 隣の職員室だ!」


渚沙  「ほ、本気でやろうとしてるわね……? 恥ずかしいから止めなさいよ」


涼太  「そもそも学園は関係者以外立ち入り禁止では?」


星里奈 「この田舎町の小さな学園に、そんなセキュリティはないと思うがな」


りんか 「ホント!? じゃあいいかな!?」


涼太  「人の話聞いてたか? さすがにマズいって」


りんか 「えー……」


渚沙  「……だいたい、補習なんて出ても面白いことなんてなにもないわよ?」


りんか 「家で一人で留守番してるよりはマシだよっ!」


陽鞠  「ぜひ、陽鞠に化けて補習に出てほしいです」


りんか 「ひまちゃんに? やってみようか!?」


りんか 「オラ、陽鞠! 趣味はクマとお馬の稽古だ!」


涼太  「誰だよそれ」


星里奈 「というか今の、陽鞠を真似たのか?」




陽鞠  「陽鞠ってそんな風に見えてるんですか? ショックです……」


    陽鞠は蒼白になっている。

    りんかの陽鞠のモノマネは、陽鞠に精神的ダメージを与えたようだった。


渚沙  「どこまで本気だったのかわからないのが恐ろしいわね……」


りんか 「くぅ~! わたしに変身能力があれば!」


星里奈 「変態能力ならあったのにな」


りんか 「そーそー、変態能力なら!」


りんか 「って、そんな能力あるわけないでしょ! だいたいどんな能力よ、変態能力って!」


星里奈 「聞きたいか? それはもう、口にするのも憚られるような変態的な能力だが」


りんか 「い、いいっ! 知りたくない! わたしまだ子供のままでいたいから!」


渚沙  「……どういう会話よ」


涼太  「バカなこと言ってるうちにもう着くぞ」


りんか 「あ……」


    もう、すぐ向こうに学園の校門が見えていた。


りんか 「着いちゃったー」


    りんかは、なにかを諦めるように明るく言った。


りんか 「じゃあ、わたしはここまでだね~。残念だけど」


涼太  「おう、じゃあまた補習が終わったらな」


星里奈 「それまでなにをしてるんだ?」


りんか 「失われた記憶の断片を求めて町をさすらってみる」


涼太  「なんかカッコイイな」




りんか 「あはは、でしょー? じゃあ、みんな、不条理な補習に負けないでね!」


涼太  「ああ、サンキュー」


    手を振って、りんかが去って行く。笑顔だったけど、その背中はなんだか寂しそうに見えた。


陽鞠  「なんだかちょっと気の毒ですね」


涼太  「……だなぁ」


渚沙  「どうにかしてあげたくても、こればっかりはね……」


星里奈 「そういうことだ。りんだってそれはわかっているだろう、気にすることはあるまい」


涼太  「そうだけど……」


渚沙  「リョータは気になるの?」


涼太  「そりゃまあ」


    あんな強がった笑顔見せられちゃな。


渚沙  「ふーん、そうなんだ……」


    渚沙はなんだかふくれている。


陽鞠  「なぎ姉、ヤキモチですか?」


渚沙  「そ、そんなんじゃないわよっ! だ、だってわたしはもうリョータのっ……」


星里奈 「もう涼太の? なんだ?」


渚沙  「あ……え、えっと……」




渚沙  「リョータのバカ!!!」


    渚沙はそう言い捨てると、一人で先に走り去ってしまった。


涼太  「……なんでそうなるんだよ」


    渚沙、ウソが下手すぎるぞ。

    こんな調子で、俺たちのことをいつまで隠していられることやら……。

    (to be continued…)