special

ポケット・ストーリー

『約束の夏、まほろばの夢』 渚沙ルート 10-5

第十話『好きで、好きで、好きだから…』 (5)<Hシーン>




渚沙  「って……んんっ……また、あたしがされる、側なの? ……ひゃぅ」


渚沙  「あ、あんた……わざと、やってるでしょっ……んんっ」


    そりゃあ、まあ、そうなんだが……場所も場所なので、多少はやむを得ないだろ。


涼太  「んっ……ほら、あんまり大声出すと……人に、見つかっちゃうから……」


渚沙  「!? ……そ、それは嫌……んくぅ……」


涼太  「俺も、渚沙の裸は……はあ……誰にも、見せたくない、な……んっ」


渚沙  「……も、もう。日に日に……口ばっかり、上手くなるんだから……はふぅ」


    そうだろうか? 俺としては、単純に思ったことを言っているだけなんだが。


涼太  「というわけで……“ひみつでんわ”も、な?」


渚沙  「む、夢中で、忘れてたわ……はあ……ふぅ」


涼太  「んんっ……また、そんな嬉しいこと……言う……」


    俺は渚沙にぴたっとくっついて、その艶めかしいうなじをぺろっと舐めた。


渚沙  「ひゃぅ!? うぅ……気持ち、いい。……気持ちよく、なっちゃう……はぁぁ。で、でも……」


渚沙  『……あ、あんたがそういう態度なら……あたしにも、考えが……あるわ』


涼太  『か、考え……?』


渚沙  『はふ……こ、こうよ! んんっ……』


    渚沙はそう言って俺のペニスを掴まえると、ぐいっと自分で位置を調整して……。

    ズブゥッ――。


涼太  『うおっ……。い、いきなり……くっ! うくぅ……』


    渚沙の膣内は熱くて、狭くて、ドロドロしていた。

    膣の中の肉が、きゅうきゅうと亀頭と竿に絡みつき、快感は一気に背筋を駆け上って脳の奥で弾ける。


渚沙  『んっ、んんんっ……はあぁ……入って、くるぅ……リョータの、おちんちん……んんっ』


渚沙  『あぁあっ……す、凄いっ。あ、あたしの中、いきなり、リョータでいっぱいぃ……んっ、んんっ』


涼太  『……な、渚沙。……そんな、いきなり。ぐぅ……』


渚沙  『ふふっ。……み、見たか。あたしだって……やるときは、やるのよ。……んんんっ』


    渚沙はそう言いながら、どんどん奥に奥に、ペニスを咥えこんでいく。

    あっという間にペニスは渚沙のおまんこの中に飲み込まれ、すぐに一番奥までたどり着いてしまった。


渚沙  『……こ、ここから、上下にこすれば……はあ……リョータは、気持ちいい、のよね……? あんっ……んんんっ』


    渚沙は奥まで咥えこんだことで満足せず、そのまますぐに腰を振り出した。


涼太  『……な、ぎさ。……そんなに激しくされたら、すくに出ちゃうから……うあぁっ』


渚沙  『あっ、あんっ、んんっ……い、いいよ。好きなときに、出して。……はあ……我慢、しないでっ』


渚沙  『……あっ、んんぅっ……なんか、これ、あたしも、気持ちいい……。な、なんで? ……だ、ダメぇ』


渚沙  『はあ……ふう……ああっ、んんんっ。ど、どうしよう……あたしまで、気持ちいい、の……あふっ、んぁぁっ』


涼太  『……ちょ。渚沙、待って……。もう少し、ゆっくり……くっ』




渚沙  『そ、そんなこと、言っても。あんっ、はぁんっ、んんっ……腰、止まんないっ』


    そう言って、渚沙は大胆に腰を振り続ける。俺はなにもしていないのに、ただただ渚沙による刺激が降りかかる。

    渚沙の膣内はまだセックスに慣れておらず、きつい。出し入れするだけでも、絞られるような刺激に見舞われる。

    それでいて愛液は多く、渚沙が強引に腰を振ると膣内はそれに応えてペニスを飲み込んでしまう。

    まだ未熟な渚沙の膣内を使ってもたらされる刺激は、暴力的なまでの快感だった。


渚沙  『はあ、くぅ……あふっ、んんんっ。ああっ……うそ、気持ちいい……うぁぁ、気持ちいい……』


渚沙  『や、やだやだっ。……あん、あぁん、んんっ……な、なんであたしまで、気持ちよく、なっちゃうの……? んんんっ』


    救いは、渚沙が自分を傷付けてまで俺に与えているものではなく、渚沙自身も感じていることだろう。


涼太  『くぅっ……はあ……か、感じてる渚沙、可愛いよ』


涼太  『……す、素直になって、感じていいんだ。……一緒に、気持ちよくなろう? 可愛い渚沙を……もっと見せて』


渚沙  『……や、やだやだっ。……あたし、可愛くなんてないっ。あんっ、んんっ、はぅぅ!』


渚沙  『うぅ……あぁ……どうしてぇ。き、気持ちいい……あぁぁ』


涼太  『……渚沙は、可愛いっ。はあっ……エッチに夢中な渚沙も……好きだっ』


    可愛い、好きだ、という言葉をささやくと、そのたびに渚沙の中がきゅっと締まる。

    俺も気持ちがいいが、これが渚沙も感じてくれているという証拠なら、とても……嬉しい。


渚沙  『……リョ、リョータ……いつからそんな、ハーレム主人公みたいな、言葉……使えるようになったの。……あああっ』


渚沙  『うっ……ああっ……はあ。そ、そんなぁ……あ、あたしのおまんこ、喜んじゃってるぅ……んぐっ、んんんっ』


    渚沙は快感を抑えつけるように唇を噛みしめるが、膣内はどんどんほぐれていき、腰の動きはいっそう大胆になっていく。

    腰の振りは俺を追い詰めるように、だんだんと激しさを増していった。


涼太  『ぐっ……うぅ。や、やばい。出そうだ……』


渚沙  『いいよっ。そのまま……あたしの中に、出してっ!! んんんっ』


    ラストスパートとばかりに、首元に汗さえしたたらせながら、渚沙が思い切り腰を振る。

    俺の方も、これ以上は我慢の限界だった。


涼太  『……渚沙っ。出るっ!』




    どぴゅるるるるるるるるっ! びゅくるるるっ! どぴゅっ、どぴゅぴゅ! どくんっ!

    どくどくと亀頭の先から流れ出す気持ちいい液体の奔流を感じながら、俺は背筋を震わせた。


渚沙  「うっああああっ、はあっ、あああっ……んあっ、んんんっ。リョータの、熱いのがぁっ……はあぁっ」


涼太  「渚沙っ……。んっ、き、気持ちいいっ……ああっ」


渚沙  「リョ、リョータ……。はあ……あああっ、リョータのが注がれてるの……わかるよ。んんっ……」


    渚沙は膣をビクビクと震わせながら精液を受け入れると、さらに残りを搾り取るように腰を揺すり始めた。


渚沙  「んんっ……こう、よね? あは、リョータのおちんちん、ぴくんって反応した……はあ」


涼太  「……ううっ。……や、やばい。渚沙、そんな腰振り、どこで覚えてきたんだよ」


渚沙  「はあ……んふっ。……あ、あたしだって……日々成長、しているのよ……んんっ」


涼太  「ううっ……気持ちいい。はあ……そうか。でも……それなら、今度は俺の番、だな……」


渚沙  「へ? な、なんで……? んくっ……」


涼太  「ま、まだ渚沙がイってないし……なにより、俺のがまだ萎えてない……くぅっ」


    俺のペニスは渚沙の膣内に収まったまま、まだ固さを保っていた。

    今はまだ半立ちといったところだが、萎えるどころか一度射精して余裕が生まれたお陰か……

    先ほどまでより、膣の温かさと気持ちのよさを、十分に感じるられている気がする。


渚沙  「……ええ!? お、男の人って、一回出したら小さくなるんじゃないの……?」


渚沙  「……リョ、リョータの……出したばっかりなのに、なんでこんなに固くて大きいまま、なのよぉ……」


涼太  「……まあ、それも人によるんじゃ、ないか?」


涼太  「あと渚沙……声、な?」


渚沙  「あぅ……そ、そうだった。……はうぅ」


渚沙  『リョ、リョータの、おちんちん……また、膨らんできてる……はぁぁ』


涼太  『……渚沙が可愛すぎるから……続けて二回戦、可能っぽい』


渚沙  『……うぅ、あたしの中でどんどん大きくなってる。……二回戦って、そんな……あっ……』


    まだ戸惑っている渚沙をよそに、俺はペニスを挿入したまま、渚沙のお尻の肉を揉み始める。


渚沙  『……ああっ、あんっ……また、そんな、あたしのお尻ばっかりぃ……。それに、なんでそんなゆっくりぃ……』


    俺は渚沙のお尻を、ぐいっと円を描くように、ゆっくりゆっくりと揉みこむ。

    そうすると、お尻を刺激しながら、挿入したままのペニスと膣壁もこすて気持ちがよかった。

    それに、女の子は、ゆっくり一定のスピードで刺激したほうが、気持ちいいって聞いたんだが……。


涼太  『んっ……お尻、ゆっくり揉まれるの……気持ちよく、ないか? はあ……』


渚沙  『あぁぁぁ……はあぁっ……き、気持ちいい、けどぉ……。うっはぁぁ……んっ……気持ちいい、からぁ』


渚沙  『あたしだけ……気持ちいいの……あんっ……ダメぇ……。あああっ……』




渚沙  『あたしだけじゃなくて……リョ、リョータを……。あああっ、気持ちいいっ。……な、なんで、リョータ、そんなに上手なのぉ』


涼太  『くぅ……渚沙が成長してるなら……んっ……俺も、成長したいだろ?』


    ぐいっぐいっと子宮を刺激するように少し強めに、しかし、早くならないように、渚沙のお尻をマッサージする。

    時折いいところに当たっているのか、入れっぱなしのペニスを膣内がぴくりと反応して刺激してくれる。


渚沙  『あん……ふっ、はぁ……も、もう。リョータは、成長しなくて、いいのにぃ……あふぅ』


渚沙  『リョ、リョータも成長しちゃったら……あ、あたしとの差が、付かなくなっちゃう、じゃない……。あんっ、ああぁっ……』


涼太  『寂しいこと、言うなよ。はあ……一緒に高みを目指そうぜ。……んんっ』


渚沙  『んあっ……あっあっ……お、お尻……あっ、おまんこもぉ……うあぁぁぁっ』


渚沙  『うっ、あああっ……お腹の奥、熱くてぇ……おまんこも熱いのにぃ……す、凄いぃ……はぁぁっ』


涼太  『はぁっ……これが、いいのか。んっ……子宮をお尻の側から……刺激、するんだよな。……こう、か?』


    ぴくり、ぴくりと渚沙の膣が反応するポイントを見つけて、そこをぐいっと奥の方まで押し込む。


渚沙  『ああっ、んふぅ……そ、そんなところ、刺激されたらぁ……あっあっあっ』


    どうやら渚沙の感じるポイントにヒットしたらしく、ビクビクと身体全体が痙攣する。

    当然膣も締まり、ペニスに与えられる快感も大きい。ペニスはもうすっかり、完全復活していた。


涼太  『はあ……渚沙が感じると……俺も、気持ちいいんだ……んっ』


渚沙  『そ、そうなの? あっ……ほ、ほんとだ。……中で、ぴくぴく、してるぅ。んくぅ……』


涼太  『……形、わかる……のか? ……はあ』


渚沙  『わ、わかる。……あたしの中、リョータの形に……はあ……なってるぅ……あああっ』


    そんなことを言われると、限界まで大きくなったと思っていたペニスがさらにピクピクと膨らんでしまう。


涼太  『……もっとエッチ、しまくったら……渚沙の中、もっと俺の形になる、かな?』


渚沙  『……な、なる。……絶対なっちゃう』


渚沙  『うはぁぁ、気持ちいいっ。おまんこ……気持ちよく、なっちゃってるぅぅ。……あああっ』


渚沙  『……リョ、リョータぁ』


涼太  『んっ……ど、どうした?』




渚沙  『……あたしのおまんこ、リョータの形に、して? リョータ専用の、おまんこにしてぇ……はぁぁっ』


涼太  『くっ……ああっ! する。……絶対、するぞっ』


    そう言って、俺はゆっくりとペニスを動かし始める。

    (to be continued…)