special

ポケット・ストーリー

『約束の夏、まほろばの夢』 渚沙ルート 10-6

第十話『好きで、好きで、好きだから…』 (6)<Hシーン>




渚沙  『あはぁっ。……リョータが、あたしの中で、動きだしたぁ。……んんっ……ああっ』


    一回目の射精と愛液が混じりあった膣内は、すでにドロドロだ。

    その液体でペニスを滑らせて、俺は渚沙の膣肉を亀頭で何度もこじ開けていく。

    渚沙の身体が、この大きさ、この形、この匂いを覚えるように。何度も何度も、こすりつけていく。


渚沙  『あっ、あん、あぁああ……リョ、リョータ、気持ちいい? んあぁぁ……』


涼太  『くっ……ああ。渚沙の中、めちゃくちゃ……気持ちいい……』


渚沙  『あぁんっ。よかった……あたし、リョータを気持ちよくできてるのね。……はぁぁ』


涼太  『……ああ、ちゃんと出来てるぞ。はあ……ありがとうな』


渚沙  「あふぅ……あぁんっ、んんんっ……リョータぁ。あたし、えらい? リョータのこと、ちゃんと気持ちよく、できてぇ」


    甘えたような、蕩けた声でそんなことを聞いてくる渚沙。その声は脳内に響き渡り、背筋はゾクゾクと震えた。


涼太  「ああ……渚沙はえらい。めちゃくちゃ……気持ちいい……」


渚沙  「はああっ……う、嬉しい。ああんっ……もっと、もっと褒めてっ……あぁぁ」


    ジュンッと、膣内はさらに潤いを増した。

    膣はきつさをそのままに、ぐいんと膣肉が蠢き、ペニスをさらに奥まで飲み込もうとする。


涼太  「渚沙、えらい……えらいぞ。んぐっ……はあ……ちゃんと俺を気持ちよくできて。……渚沙はえらい」


渚沙  「うっあぁぁぁっ……嬉しい。リョータっ。あああっ! あんっ、あぁんっ!」


    渚沙の身体から女の匂いが強く香った。

    俺はその匂いに誘われて、渚沙の首筋に舌を這わせる。


渚沙  「……あっ、ああっ、はぅんっ! ……リョ、リョータぁ。き、気持ちいい……ああ、ゾクゾクするぅ」


渚沙  「そ、それダメぇ……。首、くびぃ……それ気持ちいいよぉ……! はあああっ」


    ベロベロと、舐めれば舐めるほど、匂いは強くなった。

    媚薬に酔ったように、俺はそれを舐めとり、啜り、鼻息荒く香りを嗅いだ。

    徐々に、腰使いも速く、荒くなっていく。

    しかし、渚沙の膣内もそれにこたえるようにだんだんと柔らかくなり、俺のペニスをぐいぐいと飲み込み続ける。


渚沙  「……あっ、んっあっあっ、あんっ……いいよ、そうだよ、もっと……もっと激しくきて」




渚沙  「うっ、ああっ……気持ちいい……気持ちいいっ、はあ、気持ちいいよ……あああっ。……んっ、んんっ」


    俺の荒くなる腰使いに合わせるように、渚沙も腰を振り始める。

    膣の中で一振りごとに角度を変えてすられるペニスに、背骨がじりじりと焼かれるような快感を感じた。


涼太  「……はぁ、はぁ、はぁ……な、渚沙っ」


渚沙  「……リョータぁ。あん、うぅん、あぁあっ……もっと、もっとおまんこ、激しくしてぇ」


渚沙  「おまんこ、おちんちんでもっと……こすってぇ……はああっ、あっあっあっ」


涼太  「ああっ。……激しくするぞ、渚沙のおまんこ、今度こそっ!」


渚沙  「ああっ、ひゃぁあ! ……う、嬉しいっ。激しくしてっ、ぐちゃぐちゃに! あたしのおまんこ、リョータの形にぃ!!」


渚沙  「あっあっあっ……あああっ、うはぁぁっ……き、きてるっ。おまんこの奥ぅ、リョータぁっ」


    渚沙のおまんこの中を、ペニスでほじくり、中身をかき出し、その奥をズンズンと突き刺す。

    腰を激しく振った分だけ川の水はパシャパシャと弾け、俺と渚沙の腰は大胆にぶつかり合い、パンパンと音を立てる。


渚沙  「あふっ、んくぅ……あんっ、あぁんっ……あっあっあっ……気持ちいい、おちんちん、気持ちいいっ。はぁぁっ」


渚沙  「きちゃう……ああっ、リョータっ、きちゃうっ……おまんこきちゃうっ……あああっ」


渚沙  「リョータっ……あたし、もうすぐっ、リョータっ!」


涼太  「……俺もだ、渚沙っ!!」


渚沙  「うんっ! あああっ、リョータ、きてっ! あっあっ……きて、きてぇ!」


渚沙  「ああああああっ、すごいっ、きてるっ! リョータのおちんちん、おまんこにきてるよっ! ふあああっ」


渚沙  「すごいっ、激しいっ……あああっ、嬉しいっ、リョータ……もっと、もっとぉ……はああああっ!」


    渚沙の熱くてドロドロに蕩けた膣肉を思い切りかき混ぜる。もうそのことしか考えられなくなっていた。

    渚沙のおまんこもまた、ダラダラとだらしなく愛液をこぼしながら、身体の奥を蹂躙するペニスを愛撫し続ける。


渚沙  「あっあっあっ、リョータのおちんちん、ずんずんきてるっ! 嬉しいっ! はああっ、もっときてっ、もっと激しくっ!!」


渚沙  「リョータ、リョータっ、リョータぁ! ああああっ、きもちいいっ、きもちいいのっ! あっあっあっあっ」


渚沙  「く、くるっ……あっああああっ、あっあっあっ……きちゃうっ……あ、あたしっ……リョータぁっ!」


涼太  「渚沙っ! 渚沙っ!! あぁっ」


渚沙  「あ、あたしっ、くるっ……ふぁっ、あああっ、んぁああっああっ!」


渚沙  「ふぁああっ! あっ、あふっ、あっ、ああっ……あああああああああああああああああああああっ!!」


涼太  「くっうっ!!」




    びゅびゅるっ!どぷっぅ! びゅるっ! びゅびゅるびゅううぅうっ! どぷっ! どぷんっ!

    二回目とは信じられないほど大量の精液が、睾丸の奥かほとばしった。

    精液が止まらない。背筋がビリビリして、頭がチカチカするほどの快感が、ずっと続いている。


渚沙  「ああああっ……あっあっ……入ってくるっ……熱いのっ……精液……ああっ……あああっ……やだ、あたし、またっ」


渚沙  「っ……んはぁあああああっ!!」


    射精を続けながら、子宮の入り口をノックする。膣の行き止まりの、その奥へ精液を流し込むように。

    渚沙はその刺激と感触に何度も何度も身体を震わせる。叫び声を上げ、腰を暴れさせた。


渚沙  「ひぁっ、あひっ……あああっ……あっあっあっあっ!」


渚沙  「ああ……はぁっ……はぁぁっ……あっあっあっ……や、ああ……まだ……ああっ、また……きてる……」


渚沙  「んはあああ……っ! ……はーっ……はーっ……ああっ……ぐちゃぐちゃぁ、あたしぃ……ああああ……んっ」


    渚沙の膣内も、腰と同じようにビクビクと暴れていた。愛液は調節機能を失ったように後から後からあふれ出てくる。

    そんな渚沙の中を、俺はこれでもかとばかりに蹂躙し続ける。射精感は衰えることがなかった。

    もう何度目かわからない射精を繰り返し、そのたびに、渚沙も何度目かわからない絶頂を極めた。


涼太  「んんっ、渚沙っ」


渚沙  「んぁっ、リョータっ! ……んんっ!!」


涼太  「はぁぁ……」


渚沙  「あふっ……はぁ……はぁ…………はぁぁ…………」


    そして、どれだけそうしていたのかもわからない絶頂の無限ループの先で、ようやく俺たちは荒い息を落ち着かせ始めた。


涼太  「はぁ……ふぅ……」


渚沙  「あっ」


    ボロン、と渚沙の中からペニスが抜け落ちる。

    同時に、渚沙の膣から精液がドロッとこぼれ出した。


涼太  「う、わ……。こ、こんなに。す、すまん……」


渚沙  「う、ううん……。というより、もったいない……はあ」


涼太  「もっ!? ……ごふっ、ごほっ!?」


    渚沙はなんとか精液がこぼれないようにできないか、指ですくって膣の中に戻そうとしていた。

    エ、エロすぎる……。

    さすがに膣に蓋をするのは無理と諦めた渚沙が、おずおずと言った。


渚沙  「……そ、そう言えば」


涼太  「ん?」


渚沙  「ううん。た、大したことじゃないんだけど……また“ひみつでんわ”切れてたな、って……」


涼太  「……ほ、ほんとだ」


    最後は俺も夢中すぎて、どこで切れたのか、覚えていなかった。


渚沙  「だ、誰にも聞かれてない、わよね……?」


涼太  「た、たぶん……」




    そんな会話をしながら、お互いに顔を真っ赤にする俺たち。

    いや、大丈夫。ここは本当に、全然人が通らない道だから。……たぶん。……きっと。

    (to be continued…)