- キャラクター紹介 -

  高月 未依 : 150cm 43kg B78/W57/H77
  (CV:桜井 ミウ)


 12年前に母親が再婚して、主人公の義妹になる。
 それまでは『社』で生活していた。

 物心ついた頃から主人公と一緒に遊んだりしており、
 本当の兄妹のように仲がいい。

 明るくて天真爛漫。
 ちょっとぽけーっとしている。
 おまけに世話好き。
 毎日のように主人公を起こしにくる。

 何事にも一生懸命。
 なので、常人より体力の消耗が早い。

 料理大好き。でも和食しか作れない。

 背が小さいのを気にしている。
 胸が小振りなのを気にしている。
 色気がないのを気にしている。

 ……その筋の人にはたまらないのになぁ(ぼそ)。

  桜井 知絵 : 158cm 46kg B86/W58/H83
  (CV:葉月 ミカ)

 未依の親友&主人公の幼馴染み。
 未依とは同級生でもある。

 喫茶店『Oasis』の一人娘。
 そこのマスターである父親と二人暮らし。
 母親は物心つく前に家を離れており、詳しいことはよく知らない。

 生まれつき右脚に病気を抱えていて、いつも杖をついて歩いている。

 とても明るくて、さわやかさんな性格。
 何事に対してもポジティブ(脚のことは除く) 。

 主人公とは仲が良く、性格もなんだか似ている
 (口より先に手が出るところとか)。
 小さい頃から、未依を含めて3人でいることが多かった。

 自分の体に行動制限があるため、もの凄く電話好き。
 月の携帯通信料、しめて3万円也。
 端末を取られると死んじゃう。
 もちろん杖を取られても死んじゃう。

 ……何げに弱点多いねキミ。

 自分を生んでくれた母親を尊敬している。
 お父さんは別にどうでもいい(こらこら)。

 有坂 まつり : 164cm 48kg B88/W56/H84
 (CV:ミルキーゆかり)

 『社』に住んでいる当代の巫女さん。
 12年前、未依の母親が巫女の任期を終了したときに、
 入れ替わりでやって来た。
 幼いながらも巫女さんとして『社』に住むことになる。

 主人公とは同い年。

 どことなく犬っぽい。
 ……なもんで、とても人なつっこい。
 いつもぽやぽやした笑みを浮かべている。

 ひなたぼっこが日課。
 いつ見ても暇そう。
 まったり娘。

 何もないところで転ぶ。
 何かあっても転ぶ。

 七つの巫術が使える……という触れ込み。
 ちなみに、誰も見たことはない。


  有坂 詩奈 : 148cm 37kg B69/W50/H68
  (CV:日向 裕羅)


 まつりの妹。
 巫女の任期を終える姉を、故郷へ連れ戻すために『社』にやって来た。

 まじめでお堅い感じの女の子。
 無口で無愛想(照れ屋さんなんだからこいつぅ)。

 人付き合いの仕方がよく分からない。

 かなりのお姉ちゃんっ子で、甘えん坊。

 箱入り娘なもんで、世情に疎い。
 適当なことを教えると、それを鵜呑みにする。

 常に食べ物のことを考えている。
 食い気は多いくせに、今まで経験がないため料理はまったく作れない。

 というか素質がない。




  菅原 里美
  (CV:藤城 さらさ)


 知絵の担当医。
 最近、要町に赴任してきたばかり。

 昔、この町に住んでいたことがあるらしく、すっかり馴染んでいる。

 外科手術の分野では、権威的な存在。
 その実力は、一部で魔法の手と言わしめるほど。

 落ち着いていて、理知的。
 でも気さくでいいお姉さん。

 実は、かわいいものに目がない。
 さんま定食にも目がない。
 一日一食は食べないと死んじゃう。









  高月 琳
  (CV:岩田 由貴)


 未依の母親で、主人公の継母
 (未依の父親は、18年前に亡くなっている)。
 まつりの先代の巫女さんで、12年前まで社に住んでいた。

 巫女さん時代は、とても清楚で儚げな女の子でした。
 今からは、とても想像できません。

 商店街の人々から『値切り交渉人』と言われ、恐れられている。

 実質、高月家の主。
 ラスボス。